(続)上弦・下弦の月

優秀なカメラは観たままに撮れるか?

それが困るんだよね。

今夜の月も肉眼では少し雲がかかって月は滲んでいた。しかしカメラの映像は肉眼より解像度が高く、

スッキリ撮れてしまう(写真1)

自分のイメージに近づけるには、Photoshopで後処理作業するわけだ。

そしてもう一つ、肉眼で見ると月の眩しさを感じる。

その印象を表現するには露出を変え、明るめに撮る(写真2)。

結果、月の滲みや空気感は再現される。

ところで前回、別の記事で上弦の月と下弦の月はいつ入れ替わるのか?

この質問について昇り始めと沈む前の月を撮ってみた。

これでお分かりいただけるだろうか(写真3)

さらに5時間後、沈みかけて弦の角度が変化し、上弦の月になっている(写真4)

これは西に傾き始めた夜明け前6:00。下弦に傾いている。

こうして上弦から下弦に変化してゆくわけだ。

写真1

写真2

写真3(合成ワークで肉眼の印象に近づけてみたのがコレ)

写真4