結婚のお金が丸わかり!

みなさんこんにちわ!
カメラマンのデュークです。

前回の【結婚準備のキホン】のテーマから今回は、
【結婚のお金が丸わかり!】をテーマにお話をさせていただきますね。

お互いを想い合っているカップルが
この先の人生を共に歩んでいこうとすることですから、
将来を見据えた「将来設計」を立てなくてはならないと思います。
そこで切っても切れない関係が『お金¥¥¥』

結婚するのにどれぐらい必要なのか?
全国での推計値のデータを調べてみました。

まず結婚に関わる主なお金は
『婚約』
『結婚式』
『新生活』
『新婚旅行』の4つです。
それぞれの割合はカップルによって変わってくるとは思いますが、
どれくらい必要になってくるのかの相場を見てみましょう。

◆結婚するまでにいくら貯蓄をしているのか?◆

結婚費用のための平均貯蓄額はおよそ323万8000円だそうです。
※「ゼクシィ結婚トレンド調査2019(全国推計値)」より抜粋

結婚をするまでにはいくつかの段階があると思います。

①プロポーズ~婚約

プロポーズと聞くと、だいたいの方が想像をすると思うのが、
男性から女性へ愛の言葉と共に結婚を申し込むイメージ。
その際のプレゼント内容のアンケート結果トップ3は

1位:婚約指輪(エンゲージリング)→42%
2位:花・花束→25.9%
3位:プロポーズの際にプレゼントはもらわなかった・送らなかった→21.3%

の順位になります。
※「ゼクシィ結婚トレンド調査2019(全国推計値)」より抜粋

やっぱり定番の婚約指輪がダントツの1位でしたね。
結婚を決めた当時の婚約指輪に対する考えというアンケートでの答えに一番多かったのは
「昔から憧れていた」だそうです。
確かに映画やドラマなんかでも、男性から女性に対して指輪を送るといった場面が描かれることは多いので
イメージしやすいですもんね。

では、
Q:その婚約指輪(エンゲージリング)の費用はいくらくらい必要なのか?
A:平均35万5000円
※「ゼクシィ結婚トレンド調査2019(全国推計値)」より抜粋

昔は給料3か月分なんて表現もされていました。
仮に給料を30万円として考えた場合、30万円×3ヶ月=30万円となります。

しかし、実は婚約指輪の相場価格は昔から変わっていないそうです。
それはなぜかというと、為替相場や物価、平均給料の価格がいまとは違うからだそうです。
いつの時代も約30万円~が婚約指輪の相場だと言われています。

プロポーズが見事実れば次は婚約ですね。
婚約をする際には両家の顔合わせをされる方がほとんどだと思います。
両家の顔合わせでする婚約食事会でかかる費用はだいたい6万7000円
結納をする場合では結納品を用意しなくてはならないために婚約食事会よりも費用は多くなりますね。

結婚指輪の費用も平均で24万2000円(ふたり分)となってます。
※「ゼクシィ結婚トレンド調査2019(全国推計値)」より抜粋

②結婚式

プロポーズの次に待っているのは結婚式。
最近ではナシ婚なんて呼ばれるように、結婚式をせずに他の場面にお金を使おうといった傾向も増えてきました。
しかし、半数のカップルは結婚式をするのでここでも費用のお話をしますね。

結婚式にかかる平均費用、ズバリ354万9000円

結婚式の費用は参加される人数によって変化します。
たくさんの方がさんかすればその分費用もそれだけ多くなってきます。

披露宴の招待客数の平均は71.6人で、1人当たりの平均金額は6万2000円となります。

結婚式の費用の内訳はゲスト一人一人にかかってくる費用としては、
料理や飲物、引き出物、ペーパーアイテムなど。

新郎新婦にかかってくる費用としては
衣裳やヘアメイク、ブーケ、花嫁エステ、写真・映像など。

全体にかかってくる費用としては
会場装花やウェルカムアイテム、演出の費用です。

費用の中で大きな割合を占めているのは料理と飲物ですね。
衣裳もこだわると費用がかさむことになり、新婦が47万9000円、新郎が17万円の平均衣裳代になるようです。

見積もりよりも支払金額が上がったとう意見は全体の87%を占めており、
理想の結婚式を挙げたいと思った場合、見積もりよりも100~120万円プラスになったとの回答が多かったようです。

③新生活

新生活を始めるにあたっては新居の準備はもちろんのこと、インテリアや家具・家電など
様々なものを取り揃えなくてはなりません。
住居を除く新生活への準備に必要な平均費用は72万3000円
インテリアや家具が40万円、家電が37万4000となっています。
※「ゼクシィ結婚トレンド調査2019(全国推計値)」より抜粋

部屋を借りるのであれば、敷金や礼金も発生します。
平均価格が18万2000円、引っ越し費用が平均6万4000円となっています。
※「ゼクシィ新生活準備調査2016(全国推計値)」より抜粋

④新婚旅行(ハネムーン)

結婚の記念として新婚旅行へも行きたいですよね。
旅行先や滞在日数などで費用は変わりますが、平均金額は61万4000円

人気の旅行先ベスト3は
1位:ハワイ
2位:ヨーロッパ
3位:沖縄周辺
となってます。

だいたい7日間の旅行日数をとられるかたが多いようです。

※「ゼクシィ結婚トレンド調査2019(全国推計値)」より抜粋


 

こうしたように結婚には様々なお金が必要になってきます。
結婚式にかかる金額の大きさには驚く人も多いかと思いますが、
実際は挙式・披露宴にかかる費用は招待客からのご祝儀などで3分の2はカバーできると言われています。
なので、親など親族からの援助がなければ自分たちが用意するべき金額は120万前後です。
新婚旅行や新生活費用のことを考えると、まずは200万円くらいが結婚費用のひとつの目安として考えていいでしょう。

結婚には多額なお金が必要にはなりますが、素敵な将来を築くためには必要かもしれませんね。
幸せな生活を送れるように頑張って貯蓄しましょう!!!


 

次回のテーマは
【カラット ダイヤモンドの基礎知識】です。
今回にもあった婚約指輪選びの参考にするのであれば必読ですね!!

本店カメラマン「うみ君」の知識は如何に?!!

是非とも次回もお楽しみに~♪

© 2021 【公式】阿部写真館 徳島,大阪,京都,茨城のフォトスタジオ