「見て損なし!」ダイヤモンドの指輪を選ぶなら知っておきたいこと

こんにちは!

皆様 カラット という言葉は聞いた事ありますでしょうか

その昔、唐揚げ一個を1カラットと言って爆笑していたのが懐かしい…

↑これの元ネタをわかる人もちょこっといるかな?笑

ベスト唐揚げ個数は5カラットだと思う カメラマン瀬川です

 

 

はい、そんなしょうもないボケは忘れていただきまして(笑

カラット ダイヤモンドの大きさ?かなんかの単位 くらいまでは知っている人も多いのでは?

 

実は僕もそれくらいに思っておりました!

 

いやいや、そんな事はなかったんですよ!めっちゃ奥深いんですよ!ダイヤモンド

宝石と言えばダイヤモンド プロポーズと言えばダイヤモンド 婚約指輪と言えばダイヤモンド!

 

だがしかし、ダイヤモンドについて知ってる事はと言われると言葉に詰まる…

そんな人も多いんではないかと思います。

なので今回は!

ダイヤモンドについて調べてみました!

小難しいところは 飛ばして、これは大事そう!と私個人が思ったことを、さっくりと

頑張ってわかりやすく、書いていきたいと思います!

(あくまで素人が調べた事を書いていきますので、そこをご了承ください)

 

ダイヤモンドと言えば超高級宝石

なぜ高いか! その稀少性がものすごく高いのです

どれくらい稀少かと言うとですね、

ダイヤモンドが含まれている母岩4トンから0.2グラム(1カラット) しかとれません。

え…?4トンから0.2グラム?

なんなら宝石として使えるものはそこから更に選別されるらしく、実際に宝石として扱われるのは

もっと少ないそう

あ、そりゃ高いわ… 僕はそう思いました笑

稀少性高すぎ…笑

 

確かにそんなポコポコ とれちゃうと有り難みもなんもないですよね笑

 

そしてこのダイヤモンド

すっごく硬いことでも有名 日本では金剛石なんて呼ばれたりもします

金剛石ですよ もう名前からしても硬そうです笑

簡単に削れなければ、傷つくこ事もなかなか無いそうで

そのおかげで、スムーズなカット、研磨を可能にし あのよく見る美しい形にすることができるらしいです。

あ、ただ打撃には少しだけ弱いらしく、ハンマーなんかで思いっきり叩くと砕ける場合があるらしい…

この世の中にダイヤモンドをハンマーで叩く人がいるとは思いませんが…笑

 

そして、こっからが本題

ダイヤモンドを語る上で欠かせないワードがあります!

 

4C  

 

聞いた事ありますか? 4C  僕は今回調べて見て初めて見聞きしたワードでした

さて、この4C 一体何のこっちゃです

これは ダイヤモンドを評価するにあたり、ダイヤモンドにのみ使用する

大事にすべき4つのポイントの頭文字を取っています

 

・Carat カラット=重量

・Color カラー=色味

・Clarity クラリティ=透明感

・Cut カット=研磨

を合わして 4C だそうで

 

一個一個を サクッとざっくりご説明しますね(笑

 

Carat カラット

カラットって大きさを表す単位?みたいなやつ と認識している方 結構いるんじゃないでしょうか

何を隠そう僕もそうでした笑

正解はダイヤモンドの重さを表す単位

そう、重さなんです 大きさだと思いこんでいた僕は結構な衝撃でした笑

1カラット=0.2㌘ だそうです

 

Color カラー

ダイヤモンドって透明じゃないの??

と思われたかた、いるんじゃないでしょうか。

何を隠そう これに関しても僕は透明じゃないん?と思っておりました笑

実はダイヤモンドの殆どは ほんの少し緑だったり黄色だったりと色が入っているそうです。

へぇ〜ですよね笑

その中で無色透明に近ければ近いほど、稀少性が高くなっていきます。

D~Z のアルファベットで分類され Dが現状最高ランク Z が最低ランク となってます。

え? ABC は?ってなりますよね

Dが最高ランクなのは 現状 なんです。

現状という事はまだ上がある可能性がある という事で、自然界からD以上に綺麗なダイヤモンドが

出てくる可能性があるので、ABC は空きランクになっているそうですよ

ちょっとかっこいいです笑

 

Clarity クラリティ

そもそもクラリティって何!?

僕の率直な感想です笑

クラリティ=透明感 ダイヤモンドは自然界からやってきます。

そのため、どうしても石の中にモヤがかかったり違う成分が入ってしまうことがあり

本当に透明に見えるというのは稀だそうです。

なのでこれにも格付けは存在するみたい

自然ってホントすごいなぁと思うばかりです

 

Cut カット

ダイヤモンドと聞いて、ほとんどの人が思い浮かべるあの形

ラウンドブリリアントカットっていうらしいです。

長い歴史の中で 研究に研究を重ねて編み出された形で、

あのカットと研磨を施すことで、初めてダイヤモンドはダイヤモンドとしての輝きを持つらしい...

 

最後のC  Cutは4つのCの中で唯一人が関係する項目で、

ダイヤに命を吹き込む項目と言って良いんじゃないかなと素人の僕は思っております。

そしてこのCutにもランク付けは存在します。で、ここで面白いのが

完璧なカットを施したダイヤモンドを特殊なスコープで確認すると、8つのハートと矢のようなモノが見えるらしく

ランクにハートアンドキューピッドって別名がつくらしいです。

オシャレというかロマンチックと言うか、ダイヤすごい!Cut職人さんすごい!!

と、一人でテンションがあがりました笑

 

以上4Cでした!

ものすごくさっくりご説明しましたが、これだけでもダイヤモンドが奥深いことを分かってもらえたかと思います。

 

こういうのを知っていると、プロポーズにダイヤの指輪を!ってなるのもうなずけますね。

すごく、それはもうすごく さっくり ざっくり 調べたことをお伝えしました!

ちょっとでもへぇーとなっていれば嬉しいです!笑

 

ではでは、今回はこれくらいに

次回も是非見てくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

© 2021 【公式】阿部写真館 徳島,大阪,京都,茨城のフォトスタジオ