真逆

僕の世代でも「まぎゃく」を使う人が増えてきた。時流に逆らって真逆を〈まさか〉と読んだりしたら、ひんしゅくを買うだろう。

平成23年(2011年)度に文化庁が実施した「国語に関する世論調査」で、使うかどうかという調査が行われている→https://www.bunka.go.jp/tokei_hakusho_shuppan/tokeichosa/kokugo_yoronchosa/pdf/h23_chosa_kekka.pdf
全体では「真逆」と言う人22.1%、言わない人77.4%であるが、世代別に見ると男性では30代以下、女性では20代以下で言う人が5~6割前後と圧倒的に多い。年齢が上になると使う人の割合が急激に少なくなり、60歳以上では男女とも1割未満。我々世代には抵抗感が強い。数年後には辞書に登録されていくのだろう。

沈丁花

まだまだある。

「ちなみに」なども会話の文脈にそぐわない唐突な使い方をされている。

「とりあえず」などというフレーズを頻繁に使う人もけっこういる。その場しのぎの名人なのか、結論先送りなのか。これらみな世代間の断絶。気にしても仕方ない。

(まあ!いいか)

日本政府もコロナ対策一時金の申請を受け付けているようだ。〈とりあえず〉いただこうか。

© 2021 【公式】阿部写真館 徳島,大阪,京都,茨城のフォトスタジオ