「流浪の月」凪良ゆう著

多人称視点で書かれた実験的小説。各章で複数の登場人物を書き分ける技だけでも、作者は超一流です。BL小説(ボーイズ・ラブ)の第一人者がL・G・B・Tを扱う名作です。

大胆な発言だが、現代の医学では男女の生殖行為がなくても子供は産まれる。近未来は子供も工場生産されるかもしれない。各ブランド別に人間の性能は区別され、好みの性格の子供を手にすることも出来そう。一人ひとりの性能品質保証書には、「傷ついた遺伝情報を完全修復しました」と書かれているかも。もちろん人間の骨格から内臓までスペアパーツも売られる日が来るだろう。その進化の陰でどんな不幸が人類を襲うのだろう。

こんな不遜な考えは止めておこう。外は強い雨が一晩中降っている。

© 2021 【公式】阿部写真館 徳島,大阪,京都,茨城のフォトスタジオ