津川美洲先生(2)

こうして津川美洲哲学塾に通い続けるうちに、ここには様々な悩みを抱えて、まるで駆け込み寺のように相談者が訪れるのです。その相談料は1万円。それでも若い女の子から頻繁に電話相談が入ってきます。僕は電話の横で相談者目線でなく、占い師?いやカウンセラー気分で聴いていました。ここで触れると個人情報に触れるに等しいのでやめておきますが。

祖谷の炭焼き職人の作品

さて先生の「ツァラトゥストラはかく語れり」の読み下しが実に面白い。中味は翻訳が要りそうなので紹介できませんが、本を開きただ読み進めるのではありません。

「ここの記述は神が下りてきてニーチェに乗り移った部分」

「ここでニーチェ本人が呪縛から解き放たれています」

こんな具合で、あの難解な書物を実に分かりやすく読み砕いてくれました。つまり〈ゾロアスター教の神〉とニーチェ本人の対話本なのです。

教える彼女は京都大学哲学科で西洋哲学史を専攻。今から28年前のことです。

© 2021 【公式】阿部写真館 徳島,大阪,京都,茨城のフォトスタジオ