「肘をつく人」画:近藤孝二

「青のシリーズ」より一点ご紹介します。

孝二さんは、気分が晴れると猛然と画を書き始め、一日一点のペースで作品を生み出した。まるでたまったものを吐き出すかのように徹夜で描き通した。この青の時代の作品はことさらにブルーの発色に執着していた。ブルーの画材を使う前にキャンバス下地に赤を執拗に塗り込んだ。

本人曰く「こうしなければ本物の青にならない」

「僕は日本のゴッホになりたい」

そう日頃から語っていた。生涯一万点は達成できなかったが、その制作スピードといい、たぐいまれな記憶力。

そしてコーヒーを愛した。ブレンドのベースは決まってモカマタリ。一杯分につき12粒。きちんと数えた。

© 2021 【公式】阿部写真館 徳島,大阪,京都,茨城のフォトスタジオ