「ターコイズの空」

このオーラソーマ・ボトルの撮影は慌ただしかった。夕陽のなかのターコイズを探して、暮れ行く淡路島の東岸、南岸を走り回りそしてこの西岸に出会った。事前に現地を下見したとき、

(再び望み通りの色に出会えるだろうか?)

そんな心配は的中した。

(あのときの空の色と違う。水蒸気が立ちすぎている)

急いで西岸から東岸に移動した。撮影テーブルを用意する間もなく、車のルーフにボトルを載せて写した。

風景写真を写すたびに思うこと。

森羅万象すべて「一期一会」だ。

いつまで経っても傑作はない。

いつか再撮影しようなどと、そんな甘えは捨てよう。

© 2021 【公式】阿部写真館 徳島,大阪,京都,茨城のフォトスタジオ