「築地本願寺の経営学」 ビジネスマン僧侶にまなぶ

安永 雄彦著(この記事およびタイトルの出展は〈東洋経済OneLine〉より)

飛鳥時代に仏教は伝来し、瞬く間に広がった。インターネットなどない時代にあっても、その教義は素晴らしく、人々に救いの手が伸びたに違いない。しかし現代は宗教家より科学者が幅を利かせている。その科学でも「死」から人類を解放したわけでもない。遠ざけようとしてきただけだ。

400年の伝統ある築地本願寺は檀家を持たない。宗教にもマネージメントの必要性を、この本は訴えている。

© 2021 【公式】阿部写真館 徳島,大阪,京都,茨城のフォトスタジオ