書籍紹介「意識は傍観者である」

「意識は傍観者である」デイヴィッド・イーグルマン著大田直子訳

池谷裕二氏(東京大学薬学部教授)推薦!
「あなたの脳には正体不明の支配者がいる。
あなた自身はその生態を傍観するだけの脇役。
ともあれ読んで衝撃を受けてほしい」<以上、Amazon Booksより抜粋>

この本を読んで何年経つだろう。My書籍棚を探しても見つからないのが残念。このタイトルは私の記憶に深く刻まれた。それほどにこの著作は衝撃的だったのである。自分の脳が何かの力によって動かされている。わずかに読書メモが残っているのでご紹介します。

アクアパーク品川で

。。。。。。。。。。。。。

行為する自分を意識的に見つめ直す。

今まで思い込んでいただけなんだ。

二つの思い込みをしていた。これは重大なミス。

一つは、人生思い通りになるという思い込み。

二つ目は、『私』があるという思い込み。

人生は私を落とす旅なのです。

(以上、私の読書メモより)

© 2021 【公式】阿部写真館 徳島,大阪,京都,茨城のフォトスタジオ