「古パン」オー・ヘンリー

「 彼女 には 彼 が だんだん やせ て 元気 が なくなっ て くる よう に 思わ れ た。 彼 の みすぼらしい 買い物 に なに か 美味しい もの を 添え て やり たい と 心 が うずい た が、 勇気 が なかっ た。 彼 に 恥 を かか せる わけ には いか なかっ た。 芸術家 は 自尊心 が 高い こと を 彼女 は よく 知っ て い た。」

ーー大津 栄一郎. オー・ヘンリー傑作選 (岩波文庫) (Kindle の位置No.1746-1749). 株式会社 岩波書店. 以上、Kindle 版より引用ーー

ロンドンで

彼は保険会社に勤めていた頃、横領の容疑で刑務所へ。模範囚として服役後、1901年出所。その時点ですでに何作も出版している。この作品も終盤での大どんでん返し。見事です。こんな日常の中の心の交流とスキを突くような大作家になりたいものだ。

© 2021 【公式】阿部写真館 徳島,大阪,京都,茨城のフォトスタジオ