狷介(けんかい)

これは自分にピタリとくる言葉。「狷介」はそもそも使われることのなくなった古語。しかし現在の私の境遇を指し示してくれているような気もする。

この意味は<自分の意志を貫くのは結構なことだが、他者から見ると「片意地」を張っているだけと見られてしまう様>を言う。

詳しくはこちら→https://kotobank.jp/word/%E7%8B%B7%E4%BB%8B-491496

本郷一平作「面」

そうはなりたくない自分をこの言葉に見つけた。

© 2021 【公式】阿部写真館 徳島,大阪,京都,茨城のフォトスタジオ