祝優勝!智辯和歌山高校

1972年(昭和47年)頃、奈良県五條市の智辯学園中学校・高等学校では生徒の40%が和歌山県から通学していた。和歌山県からの生徒には和歌山県から私学助成金が出ていないため、当時の校長が和歌山県の大橋正雄知事に出向いた経緯がある。大橋知事は「そんなに多くの生徒が通っているとは知らなかった。和歌山に進出してはどうか」と語ったという。ーー以上、WIKIより

もともと、奈良県が母体。毎年東大合格者を数十人送り出している私学の名門。宗教法人辨天宗が経営母体。あの弁天様がご本尊だ。

 

宗教法人辨天宗HPより

© 2021 【公式】阿部写真館 徳島,大阪,京都,茨城のフォトスタジオ