京の町屋

今から半世紀前、僕は写真学校の生徒だった。毎月一本の課題を写真にしなければならないが、テーマが見つけられらず、徐々に追い込まれてもがいていた自分が懐かしい。当時出された課題のひとつは「京都」。納得のいく「京」を探して何日も歩き回った。

カメラを携えてうろつき回った僕を「インテリ・ヤクザ!」と言って叱ってくれた居酒屋の女将のことが思い出される。僕の宝だ。

© 2021 【公式】阿部写真館 徳島,大阪,京都,茨城のフォトスタジオ