マグニツキー法案

オーストラリアもこの法案を通す勢い。世界は中国ボイコットへ向けて邁進する。

この法案は、2009年にロシアの税理士セルゲイ・マグニツキーがモスクワの刑務所で死亡した事件の責任者であるロシア政府関係者を処罰するとともに、ロシアに恒久的な正常貿易関係の地位を与えることを目的として、米国議会で可決され、2012年12月にオバマ大統領によって署名された超党派の法案である。2016年以降、世界全体を適用範囲とするこの法案は、米国政府が人権侵害者とみなした者を制裁し、その資産を凍結し、米国への入国を禁止する権限を与えている(以上太字の部分、出典はWIKIより)

日本社会にも激震が走るが覚悟はいいか。

© 2022 【公式】阿部写真館 徳島,大阪,京都,茨城のフォトスタジオ