遠野 遥著「破局」

2020年(上半期)の芥川賞受賞作。最後の数ページに至るまで、なんと退屈な私小説だと斜め読みしながら読んだ。登場人物はほぼ3人しかいない。読み終えて(自分が悲しい)わけではない。しかし(存在そのものが)悲しい、そう思った。芥川賞にふさわしいとも感じた。

丹後町間人(たいざ)1976年撮影

この作品には不思議な結末が用意されている。ラストシーンの心理描写を読むまで、この小説に魅力は感じなかった。現代の若者の他者とのかかわり方に触れることも、時には必要なんだと思い知らされた。

© 2022 【公式】阿部写真館 徳島,大阪,京都,茨城のフォトスタジオ