ProFoto

まずはこれを観てほしい。

日中シンクロの撮影技術は別に進化したわけではない。テーマ・シチュエーションが多様化し、ストロボメーカーはそのニーズに技術で応えてくれているだけだ。たとえカメラのシャッターが1/2000sで落ちようが、ProFotoならTTLオートまかせでOK。そして設定変更が必要であっても、カメラマンの手元でラジオコントロールできる。

どれだけストロボが進化しても、カメラマンのイメージ力、そして顧客のとんでもない発想にいかについていけるかだ。

© 2021 【公式】阿部写真館 徳島,大阪,京都,茨城のフォトスタジオ