ABE PHOTO COMPE 2017

課題は「コピー付写真」内藤作品

課題は「モノクロ」加奈作品

夏井作品

写真は頭で考えて撮れるものではない。直感、技術、そしてプラスαナニカがいるもの。

この「ナニカ?」を考えているうちに僕も年を重ねてしまった。アートとは何だろう。そして写真の持つ表現力とは何だろう。

さらに作品に自分の意図を盛り込んでゆくことは正しい態度なのか? 今もってわからない。

下は鈴木理策の作品展『知覚の感光板』の中からの一点。(興味が沸いたら彼の事を検索してみてください)

理策.jpg

この「何もない」風景は一見静か。しかし胸騒ぎがする。この写真の作者は、いっぱい身に付いてしまったナニカをキチンと落としてきたのかもしれない。自己練磨作業の結果だと気付かされます。

© 2021 【公式】阿部写真館 徳島,大阪,京都,茨城のフォトスタジオ