.HEIC

”iPhone11”からだろうか。カメラで写したデータはそのデータ形式、拡張子が<Jpeg.>ではなく、<HEIC.>に置き換えられた。これは<Apple Cloud>に転送されるデータ量を抑える目的からメーカーが開発したものだろう。データ形式は<Jpeg.>時代が長く続いたが、その時代も進化してゆくということ。Macユーザーは実用上、困ることはないがそのままであれば<Windows>ユーザーはパソコン上ですぐには扱えない。そこで<HEIC.>形式から<Jpeg.>にコンバートさせるアプリが必要になってくる。

このデータ変換作業で、一番便利なのが、<Google Photo>にアップロードすること。他にも方法はある。こちらをご参照ください。→HEICからJPGへのコンバーター

© 2021 【公式】阿部写真館 徳島,大阪,京都,茨城のフォトスタジオ