KAZUO ISHIGURO-2-

カズオイシグロ著「失われた巨人」は間違いなく名著です。伝説のアーサー王を伏線に据えた物語。我が国でいえば神武天皇の東征を描いた古事記に等しい。それもたった一人で成し遂げた。

興味深いのは異国人の僕にも分かるように、島のそれぞれの人種の特徴から混じり合いも説明してくれている。アングロ・サクソン理解を深めるためののテキストのようなものだ。

ここには様々な人種が登場する。グレートブリテン島を代表する温厚なブリトン人、少し荒っぽいサクソン人、アングロ人、そしてケルトの戦士たちが次々に登場する。

もうひとつ流れるテーマは、霧に包まれるグレートブリテンの成り立ち。闇と霧、今も人類を襲う暴力。この長編を一気に読ませる作家の実力はヘミングウェイよりはるか上だ。

© 2021 【公式】阿部写真館 徳島,大阪,京都,茨城のフォトスタジオ