薄明光線

その光芯は「天使の梯子」とも言われる。半逆光の光の世界は最適な映像表現をもたらしてくれる。被写体が背景から分離されて、きれいに浮かび上がる。写真業界では、斜め後方からの光で被写体を撮影する際、その光源のことを「レンブラント・ライティング」と呼ぶ。画家のレンブラント・ファン・レインに敬意をはらっての呼称だ。

下はYouTube"beaphoto1"より

フェルメールが好んで利用した光もまた、斜め後方の逆光が多い。それもどういうわけか左光線の作品が多い。このことから、左から当たる光は女性を描く最適な光とも言われた。定石である。

© 2021 【公式】阿部写真館 徳島,大阪,京都,茨城のフォトスタジオ