徳島,大阪,京都,代官山,茨城のフォトスタジオ

阿部写真館 徳島,大阪,京都,代官山,茨城のフォトスタジオ

🔲クロスバイク

更新日:

登山口から2km地点マーカに差し掛かると、彼はいつものようにリアギアを3速に落とす。ここまでの市街地平坦路では6〜7速を使う。起伏はなだらかで頂上まであと1km。気温は15度。理想的だ。一帯は 野鳥のサンクチュアリでもある。

サングラスにぶつかる虫が増えてきた。張り付きそうな勢いで向かってくる。内転筋が少し震え始める。息が荒くなってきた。突然「ガサゴソッ」と生き物の 動く気配にハッ!とする。野鳥が草むらの虫を追っているようだが、まむしに狙われる危険を冒している。

(少し休もうか)

頂上まであと500m。ここからが一番きつい。意識して呼吸を整える。木漏れ日が顔に降ってくる。その一瞬眼前の樹海の切れ間から青空がのぞく。

にじんだ汗がたちまち蒸発していく。体内の気体が入れ替わるみたいだ。血液がこめかみを通って頭皮まで突き抜ける。まるで立ちくらみのように血液が瞬間移動して指先まで行き渡っていく。歓喜の瞬間だ。

おそらくその時の訪れは1分くらいだろうか。気が付くとバイクは頂上に着いている。

山頂までの残り1kmの至福。歩数計で自転車のペダルストローク回数を測ると3000歩を越える。

復路ではもう一度快感のご褒美が彼を待っている。下るとき起伏に三つのピークがあることに気付く。そこは急カーブを作っており、トップスピードのままカーブに進入する。ブレーキレバーに指三本掛けのままギリギリまで制動を我慢する。アウトコーナーのライン取りが決め手。いつか落ち葉にリアを取られスピンした恐怖を彼は身体で学習している。 別の峰には心臓破りのコースもあるが、体調の整っている時でもキツい勾配だ。

自転車は手軽で最高のウィンタースポーツだ。そう、彼はひとり悦に入っている。

・・・・・・・・・

自宅から2kmほど南に標高が200mほどの山が連なる。この山系の中心をなす気延山は考古学上も重要な地域、「尼寺」を抱え、現在の町名「国府町」に連なっている。この山の頂を目指してクロスオーバータイプの自転車を走らせる。この数年気に入っている。かつては車道で現在は遊歩道として利用されているお陰で、適度に舗装路が残され快適なサイクルロードを提供してくれている。

Copyright© 阿部写真館 徳島,大阪,京都,代官山,茨城のフォトスタジオ , 2019 All Rights Reserved.