徳島,大阪,京都,代官山,茨城のフォトスタジオ

阿部写真館 徳島,大阪,京都,代官山,茨城のフォトスタジオ

🔲「色彩を持たない多崎つくると彼の巡礼の年」

更新日:

村上春樹作品を読んで小説作法をまとめてみました。

(自画像 長野・上田にて)

  • 「比喩」が上手い。絶えず表現を磨いている
  • 英文翻訳を意識している
  • 文体と言えるものはない。簡潔そのもの
  • 言い方を変えて三度説明する
  • 漢字は極力使わない。前後の漢字配置にも気を使う
  • 本に仕上がった際の割付けに工夫がある
  • 名文を適正配置する
  • 「比喩」表現に相当の時間をかけている
  • 人と違う行動パターンを提示することで、逆に(あるある)と思わせる技
  • 同一段落では代名詞でよい。変わればもう一度固有名詞を
  • 段落分けの技術、目安をしっかり持つ
  • 繰り返し表現がリアリテイに繋がる
  • ( )も強調表現のひとつ
  • 強調したい部分はひらがなでた
  • 句読点を使わず、あえて読者に読み直させる意図
  • 意外な言葉や表現に頼らない
  • 馴染みやすい文体を意識する
  • 強調傍点多用
  • 「 」も強調表現のひとつ
  • 「 」の連続には句点は不要
  • たわいもないシチュエーションで共感させる
  • 人物描写はまず性格表現、次にエピソードで
  • 慣用句を散りばめる
  • シンプルで厚い人物描写
  • 場面転換は改行形で
  • ストーリーを繋げたまま順に人物描写
  • 会話中「!」使用可
  • エピソード中は会話も改行せず
  • クロマルは正確に
  • あえて過去形を使うことで意味を持たせる
  • ひらがな一字、漢字一字を丁寧に置いていく
  • 形容詞の連続に挑戦
  • 主人公の紹介を一番後にまわす
  • 改行はつまり作者の呼吸
  • 究極の名文には作者自身が見え隠れする
  • (らしい)・・・表現あり
  • 「惹きつける」「引きつけ」使い分け
  • とても長い強調傍点
  • 彼は真に哲学者である
  • 何度も言い回しを変える
  • あっさりと、執拗に表現
  • 大きな場面転換は アスタリスク
  • 大事な箇所は紋切り型
  • リアルな会話シーンでなければ改行不要
  • ?」はどんどん使う
  • 長いセンテンスを時々散りばめる
  • 人物描写は執念で
  • 作者の考えと混同されそうな時、必ず固有名詞でクサビを打つ
  • 回想シーンの会話はセンテンスに組み込む
  • 新段落が会話から始まる時、字下げは?
  • 人称を間違わない
  • 「訊かれる」
  • 「訊ねる」
  • 読点なしは2行が限度
  • カタカナのクロマルはきちんと
  • 「それ・・・」で示すのが常套句
  • 場面が過去に遡る場合、改段落”2”を使う
  • 詩的な部分にこだわり
  • 唯物的比喩
  • 頻繁に強調ツールを
  • (  )でリアリテイの補足
  • 解釈の分かれる漢字、送り仮名はすべてひらがなに
  • 回想シーンの会話にも「 」を使う
  • 急な場面転換の手法は様々
  • 「言辞」
  • 状況描写は唯物的
  • の後にはスペースを
  • 丁寧な自己内面分析
  • アスタリスクによる切り方は、過去の引用、挿話で使う
  • 「悲しみ」と「哀しみ」
  • 会話の強調はやはり改行だ
  • 「ぴしゃり!」などの擬音も後述のカタカナとカブる場合、あえてひらがなで
  • 仕草表現のファイルをもつ
  • 「人生を書き換える」
  • 漢字の用法は文節の美学
  • たまには当て字も
  • ヒチコックの映像がモチーフに
  • 場面が元に戻る時、改段落は必須
  • 体言止めの多用
  • 棒かっこ ー  ー
  • 形容詞句の連続に真骨頂
  • 若者言葉も意識
  • 「分かる」「解る」「判る」
  • 英語的表現
  • 「もがきでる」
  • 読者は作者と主人公の同化を垣間見る
  • 意外性のあるフレーズ
  • 悟りの表現
  • 言い換えは三度
  • 人物描写は一貫して即物的
  • 書き手が陥りやすい人称。ポジションを絶えず確認する
  • 和製英語には十分注意
  • クロマルは6
  • おうむ返しのセリフには傍点
  • ストーリーに関係なければ固有名詞を与えない
  • 作者のスタンスは傍観者でなければならない
  • 「傾げた」
  • 登場人物の名前を探し続ける
  • それは新たな人生観の披瀝だ
  • 「あれ」
  • 『 』は厳密に
  • 「無」の意識をブラさない
  • 大事な転換点は音楽で予兆
  • 丁寧な自己内面分析
  • 表現の立ち位置は唯物的に
  • 形容詞区の繰り返し三度まで
  • 引用文の前略・中略は3点リーダー 
  • 字下げは文章の呼吸
  • 「『   』」は冒頭引用
  • 登場人物には必ずフィロソフィーを埋め込む
  • 魂と肉体の分離論者
  • 「思弁的」
  • 「学理的」
  • 欧米の哲学概念を論じる気風必要
  • 自由を体現するには「枠」を知ること
  • 大切なところは答えを出してはいけない
  • 強調のため過去中にあえて現在形を使用
  • 主人公の会話は「」無しもある
  • 「一九六〇」表記
  • 「肩から提げる」
  • 「山道を上る」
  • 「速歩で歩く」
  • 「素直な美しさ」
  • 「深い没頭の中にいる人」
  • スペース段落は読み手を意識して
  • 長い話の中に長い話の二重構造
  • 「そのような資質は持ち主にとって至福か」
  • 「夕食を調える」
  • 「帰せられる」人称
  • 「ぷつん」
  • 送り仮名を省略しない
  • 「トークン」
  • 「悟」を語る
  • 「真実の情景」純粋理性批判を学ぶ
  • おうむ返しは傍点
  • 定義用法の定まっていない漢字は一切使わず
  • 「考えるまい」
  • 長棒の用法は引用のみか
  • 引用文中の補足は[  ]
  • 「目眩」
  • 「いく」「行く」の使い分け
  • 「ここ」「そこ」立ち位置の意識化
  • クドイように感じるくらいに
  • 「損ねる」
  • 『ケミストリー』=化学反応=相性
  • 話題の切れ目を空ける
  • めぐりあい=邂逅
  • 丁寧な会話文
  • 仕草の表現でリアリティ
  • 一旦言葉にすると単純化される
  • 頻繁な傍点
  • 細部に命を
  • おうむ返しに傍点
  • 「抽斗」
  • 特徴的な段落
  • 擬態語、擬音に必ず傍点
  • 長棒の使い方。例えばの表現
  • 「猊下」
  • 「備えた」「具えた」
  • 正しい日本語を使う意志
  • 自問自答に傍点
  • 「架空」
  • 「分厚い」
  • 特定の現実に傍点
  • 場面転換スペース
  • 「レコードを載せる」
  • 「行われた」
  • 紋切り型の強さ利用
  • 「何ごと」
  • 「親密な沈黙」
  • 「空気の重いかたまり」
  • 比喩表現で楽しむ
  • 「中立的な静けさ」
  • キザにいく
  • 「現在という自制」
  • 当て字は排除
  • 強調のための改行
  • カッコと同義の傍線
  • 小説は認識作業
  • 哲学は登場人物を利用して語る
  • 感情表現は比喩で繰り返す
  • 「歳」
  • クロマル
  • 場面転換スペース
  • 主人公の思い入れが偏りかけたら三人称で切り抜け
  • アルファベットは縦書き可
  • いちいちどうでもいいことに執着心を
  • ***アスタリスクの使い方
  • 逆説的表現は作家の分別
  • 人間の真実はちょっとした仕草に
  • 音楽を利用すべし
  • 重要な箇所は句読点なしで一気に
  • 「中立的な笑み」
  • 人物描写には作者の哲学が
  • 人間観察業
  • 「金の掛かった匿名性」
  • 「怠りの無い光」
  • 「叩いた」
  • 「汲々とする」
  • 「力尽く」
  • 「アウトキャスト」
  • 「二・三人」

    2012.5.21の金環日食 アベヒロ

  • 小説はストーリーの骨格を決める人物像。それだけ
  • こんな会話は起こり得ない。だから小説世界がある
  • 紋切り会話も長棒で
  • 「堅く密度の高い沈黙」
  • 「尋ねる」「聞く」は人称を明確に
  • 「二分的」
  • 「的を射た」
  • 主人公を客体視する
  • 「沈黙の中に退く」
  • 若者の心を惹きつける認識論
  • 古風でもいい
  • 作者のフィロソフィーは主人公以外の誰かに語らせる
  • 独り言は傍点しかない
  • 「静謐」
  • 「悲しみ」「哀しみ」
  • 時々人称を確認する
  • 客観的で即物的であれ
  • 「半目」
  • 登場人物には先にキャラクターを与える
  • (和製英語)ウィンクはダメ片目、半目
  • いつも翻訳を意識して
  • 「二重の孤立否定」
  • 「人の心は夜の鳥」
  • 「熟考は深い沈黙を要する」
  • 「まるで国家の歴史の不備を詫びるように」
  • 「痺れ」
  • 「車を駐める」
  • 「作りたての空気」
  • 「素直で雄弁な輪郭」
  • 「諧謔」
  • 「沈黙する手」
  • 現実より夢はリアル
  • 「そこにある無言の思い」
  • 「彼女は彼女自身を離れていた」
  • 「赦し」
  • 「無音の銀色の痛み」
  • 「痛切な喪失を通り抜けない受容は無い」
  • 「耳と心を傾ける」
  • 「酷い」「護る」
  • 「夜の思い雨の匂い」
  • 「自分を空っぽの容器に」
  • 「その時、その場面での本当に正しい言葉は遅れてやってくる」
  • 「手の届かない遠い場所にある哀しみ」
  • 「今日いちにち」
  • 「人の生きるという行為の有様を素直に」
  • 「静かな飾りの無い誇らしさ」
  • 「歩みを停める」
  • 「ディジタル」
  • 「くぐもった」
  • 「違和が生じる」
  • 「密な重み」
  • エンディングはフラッシュバックの連続
  • 「含みを持った深い沈黙」
  • 「ぶつっ!」と音が聞こえるようなエンディングにしたい
  • 最後は「無」の情景で締めくくり

 

ABE PHOTOGRAPHY.Inc

阿部フォトグラフィー株式会社

取締役会長    阿部浩之
E-Mail./ abephotography _01@me.com

Copyright© 阿部写真館 徳島,大阪,京都,代官山,茨城のフォトスタジオ , 2019 All Rights Reserved.