高島野十郎

知る人ぞ知る野十郎の「蝋燭」。生涯にわたって書き続けたという。

「時代に生きる」か「時を超えて(本質に)生きる」か、創作者はその選択を迫られる時もある。自らが選んだわけではないだろう。それほどに野十郎の感受性は時代を超えて今に生きている。

写真は福岡県立美術館サイトより

蝋燭(ろうそく)

© 2021 【公式】阿部写真館 徳島,大阪,京都,茨城のフォトスタジオ