ルシア・ベルリン「私の騎手」

救急救命室に勤めた経験のある作者が、なんと3ページ足らずの短編小説を書いている。

これには感服。彼女は小説を書くために生まれ、生き、書いた。そうとしか思えないほどの衝撃を受けた。そしてこの僕に突き付けてくる。「おまえなんか小説を書くな!」。そう言われた気がしている。この敗北感。

写真は"AMAZON"より

© 2021 【公式】阿部写真館 徳島,大阪,京都,茨城のフォトスタジオ