サフラン革命

敬虔な仏教徒の国ミャンマーで2007年に起こった反政府民主化デモをいう。これにより選挙が行われイギリスから帰国したアウンサンスーチー女史が政権を取った。しかしまた軍事クーデターが起こり現在の状況に至る。憲法の改正には多大な犠牲が伴う。軍事政権の功罪。その根は深い。

写真は外務省HPより

世界に仏教徒は3億人と言われるが、同国国民の9割が仏教徒。日本とミャンマーは仏教徒同志分かり合える数少ない国である。

いま水面下で政府外務省は日本人ジャーナリストの即時解放を求める活動をしているのだろうが、現地日本人のFacebook投稿などもかなり削除対象になっているようで見えてこない。

© 2021 【公式】阿部写真館 徳島,大阪,京都,茨城のフォトスタジオ