コルト・ガバメント

M1911モデルは、ジョン・ブローニングの設計に基づき、アメリカ合衆国のコルト・ファイヤーアームズ(コルト)社が開発した軍用自動拳銃である。1911年の制式採用から1985年までの間、アメリカ軍の制式拳銃として第一次世界大戦、第二次世界大戦、朝鮮戦争、そして、ベトナム戦争で用いられた。ーー以上WIKIより引用。写真も。

レイモンドチャンドラーの小説で登場する主人公の探偵フィリップ・マーロウ。彼が愛用する拳銃。アメリカ人の象徴である。ガバメントと名は付くが、民間でも広くこの拳銃は愛された。

© 2021 【公式】阿部写真館 徳島,大阪,京都,茨城のフォトスタジオ