春眠

また名文に出会った。これは山田詠美作の短編集「風味絶佳」作中の『春眠』の文末を転載したものです。主人公の<章造>が、自分の同級生<弥生>と再婚した父親を描くドラマ。自分の同級生が義母として家に入る、その設定も奇抜だが、主人公を含めて四人の家族間の立場と思いを絡めた名作です。チマチマとした恋愛ドラマでないところが素敵です。2006年の作品。

山田詠美氏の写真はこちらからhttps://mi-mollet.com/articles/-/20966?layout=b

...............................................................................(以下転載)

錯覚 かと 目 を こらし た 瞬間、 章造 は、 昔 書い た 作文 を 唐突 に 思い出し て、 おかしく なる。 やはり、 妹 の 言う よう に 自分 は 噓 つき だっ た。 けれども、 何故 だろ う、 その 冒頭 の 一文 を 書き直す 気 が、 どうしても、 起き ない の だ。

(山田 詠美. 風味絶佳 (文春文庫) (Kindle の位置No.2392-2394). 文藝春秋. Kindle 版.)

..............................................................................

この抜粋では名文とする根拠が希薄ですが、お許しください。

© 2021 【公式】阿部写真館 徳島,大阪,京都,茨城のフォトスタジオ